忖度なし!!声優専門学校のすすめ

うっかり声優業界に15年いてしまいました。

学校選びはどこも一緒

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「どこも一緒」です。

 

声優の専門学校は都内にたくさんあります。

校舎の大きさ、卒業生、講師、設備

 

高校生は色んな所を気にします。

ただ、ぶっちゃけて言うと声優の専門学校はどこもさほど変わりません。

学校選びで大切なのは「卒業時、良い条件で声優事務所に入れる」です。

これ以外はありません。

そしてその点でいえばどこの学校も変わりません。

 

どこも「良い教育をして、良い事務所に行ってほしい」と願っています。

なので、迷っている高校生に言いたいのでが

 

「迷うな!入ってからが勝負だ!」

 

です。

何事も自分次第ですね。

 

はい、以上です。

ではまた。

 

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

当たり前だけど集客の意義

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「集客」です。

 

学校運営は集客が全てだと思っています。

 

「質の良い授業をしなきゃいけない」

「在校生がいきいき出来る空間をつくらなくちゃいけない」

「有名な卒業生を輩出しなきゃいけない」

 

人によって様々な考えがあるかと思いますが、そのどれもが根本に「集客」があると思います。

集客とは「入学者」です。

 

人が来なければ何もできない。

何をするにしても「お金」がかかります。

在校生の満足度を上げるのも大切ですが、そればかりになってはいけない。

 

組織を大きくする事だけが全てではありませんが、大きくすることが在校生を守る事になって行くのだと思います。

 

はい、今日はこんな感じです。

 

ではまた。

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

予測不能

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「予測不能」です。

 

人の動きは「予測不能」という事です。

何を考えているか分からない。

「こうだろう」と思っていたら全然違かった。

 

高校生の頃「両想い」だと思っていた女子に告白したら振られました。

理由は「機嫌が悪かった」から。

嘘をつけ!と思ったのですが、本心を聞き出すことは出来ないと思いました。

 

何が原因かは今も不明なままです。

 

他人の気持ちなんて考えるだけ無駄のでしょうか?

 

「考えるだけ無駄だから、自分の事に一生懸命になれ」という人もいます。

でもそれだけじゃいけない気がします。

特に「客商売」の人は。

 

・・・・。

 

答えは出ていません。

日々勉強。

 

以上です。

ではまた!

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

サボると癖になっちゃう

こんにちは。

 

今回は「サボり」です。

 

私、実は毎日筋トレと滑舌のトレーニングをやっているんですが、この二日間サボっています。

 

理由はなんとなくめんどくさい。からです。

 

そして三日目にして「やろう」と思っていたんですが、三日目も「めんどくさい」と思ってしまった。今これを書いている時です。ナウですナウ。

 

しかし今日はやります。

 

たぶん体形的にはさほど変わってはいませんが、気分が太ってきています。

デブです。

感覚デブです。

 

やはり一日少なくてもいいからやることが大事なのだと感じました。

 

継続は力なりです。

 

はい今日はこんな感じです。

 

ではまた。

滑舌に必要なもの

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「自信と滑舌」です。

 

鉛筆を咥えて喋る滑舌練習方法がある。

早口言葉を言う練習方法もあります。

 

ただ一番大切なのは「自信」なのではないかと思う。

 

自信がなければ声がちっちゃくなるし、ボソボソと話してしまう様になってしまう。

そうすると舌も動かず、口も開かずに滑舌が悪くなってしまう。

 

なので一番大切なのは「自信」だと考えます。

 

以上です。

 

ありがとうございました!

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

何しに学校に来ているか?余計な事はやらない方がいい。

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「ブレる」です。

 

声優、俳優の専門学校でよく聞くのが、「裏方の事も知っておいた方がいい」です。

そして実際にスタッフの動きもさせる。

 

知っておくのは構わないが、学生が裏方の方に比重を多くなると困ってしまいます。

裏方は目に見えて達成感がある。

だからそっちに流れてしまう。

 

そしてたちが悪いのは学校の先生が「裏方は出来た方がいい」と言いだす時があります。

 

これは害悪のなにものでもない。

 

何しに学校に来ているのか?

売れるために来ているのであってスタッフが出来るためではない。

 

本末転倒にもほどがある。

裏方は売れなければ自ずとやるようになる(裏方を下に見てはいない)。自ら進んでやらなくていい。

 

目的がブレてはいけない。

 

はい、今日はこんな感じです。

ではまた。

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

やる、覚悟。

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com

 

こんにちは。

 

今回は「覚悟」です。

 

こんなストレートな言葉が一番心に突き刺さる時があります。

 

「やる」と決めたら「やる」

シンプルで分かりやすい。

 

生活していると、人間関係だったり、雑事だったり、様々な事に気を取られて気が付くと時間が経っている。

余計な事に頭も体力も使っている。

 

そうじゃない。

 

本来自分が「やる」と決めたことに一直線でいい。

それだけでいい。

 

自分の事に必死になる。

 

これが本来の生き方なのではないでしょうか。

 

はい今日はこんな感じです。

ではまた。

 

seiyudaisuki20.hatenablog.com